【プロセカ解説】上達する2つのポイントと音ゲー用語

ゲーム

こんにちは、むぎもこです。

今回は、久しぶりのプロセカ解説です!
初心者向き(EXPERTができない方向け)の記事になっております。
プロセカって何?という方は前回のこちらをご覧ください!

前回は、ノーツの説明から上達するコツを軽くお伝えしましたが

今回はさらに掘り下げて2つの意識するポイント

プロセカでよく使う音ゲー用語について説明していこうと思います。


運指は決めてる?

みなさん、運指って聞いたことありますか?
ピアノなど楽器を演奏する時にどの指を使うかの選択のことです。
つまり、指のポジション決めです。
基本的に中央より右側は右手の指で、左側は左の指で無意識にタップしていますよね。

それが運指です。ちなみに、運指には正解も不正解もありません。
ただ、運指を意識すると、格段に叩くのが楽になります!

例えばこちらの譜面…

おやおや、真ん中にノーツがありますね…。

この場合だと

もしくは

このパターンで叩いていると思います。
この譜面はノーツの密度がそれほど高くないので
あまり運指は気にしなくても繋がるでしょう。
ノーツの密度が高いので、実際に叩くと
ワケワカメ!となりやすいし
+フリックなんてザラにあります…。

これは個人差があるのでなんとも言えない(おい)
のですが、プレイしていくうちに動きやすい指が
わかると思います。

MASTERもするようになってからは左手2本(人差し指+中指)と右手1本(人差し指)
の計3本で頑張っていますが、曲によっては中指2本で叩いています😂

EXPERTメインの時に、左の人差し指は連打が苦手だと気づき()
ノリで中指にチェンジしたところ、覚醒しました。
※主に初音ミクの消失

どこを見て叩いてる?

2つ目のポイントは視点です。
精度を上げるには結構重要なポイントです。
大きく分けて4つありますので説明していきますね。


①スタンダード視点

初心者向きの視点ですね。
譜面が一番早く見えるので、確認しやすいです。

②チョイ下視点

①よりも少し下に視点を向けたタイプで、
精度を気にしてきた頃はここの辺見るかな…。
MASTERの時、①と②の間を見ていると思います。

③AP狙うならここだろ!視点

多分、上手な方はこの視点が多いです。
私もEXPERTはここを見るようにしています。
タイミングを合わせやすいんですよね。

④判定しか興味ないです視点

少数派ですが、判定を見て叩く方もいます。
意外と落ちてくるノーツは見やすいのだとか。
私には合いませんでした。判定しか目に入らない()

結論、初心者は①が一番おすすめです!
フルコンできるし、譜面覚えてきたわ〜
って曲は、少し視点をずらして①と②の間を見るように
意識してみてください。ちょっとの差でも
ぐっと精度が良くなりますよ!

音ゲー用語

『トリル』や『階段』など用語があります。
今回はプロセカによく出てくるものを抜粋し、説明していきます。

トリル

まず、音ゲーなら必須の『トリル』です。
左右交互に並べられたノーツのことです。
プロセカでも結構登場します。
※EXPERTの22〜24までなら忙しいトリルはあまり出てこないので
安心してくださいね

コツとしては、最初のノーツは確実に取ること!

私もトリルは苦手だったのですが…その原因は
”叩くタイミングが早すぎた” です。
曲によってトリルの速さはもちろん違うわけで
焦ってしまってなんでもかんでも早く連打すれば
繋がると思っていたんですね(アホ)
なので、メロディーをちゃんと聞くことが大切です😂

物理的にトリルが間に合わない人は、一度全集中してもらって
思いっきり早く叩いてみてください。
意外と繋がります。


それでも、できませんって方は
端末の録画機能で自分のプレイを確認してみてください。
叩くタイミングが速いのか、遅いのか分析しやすいです。
(タイミング調節をこの時に行うのもいいかも)
難易度23の『alive』は短めのトリルがあるので、練習になると思います。

階段

『階段』は左、もしくは右側からはじまる、左右交互に並べられたノーツです。
徐々に移動しながらタップしなければいけません。
プロセカでは階段→ロングノーツ のパターンや
階段の中にフリックが混ざっていたりするので非常に厄介です。(^_^;)
コツはトリルと同じように、始まりと終わりのノーツを意識して
抑揚をつけて叩くことです。

乱打

たくさんのノーツが不規則に落ちてくる譜面です。
EXPERTだと難易度27以上によく出てきます。
まず落ちてくる速さに慣れることです。
GREAT多発でもいいので頑張ってみてください。
突然、なんかわかんないけどできるようになったわ…ってなります。(語彙力)

プロセカをやり始めて気づいたのですが私はこの乱打が得意です笑

縦連

縦に連続して並んだノーツのこと

(コンボ1の画像使うな)

いやーこれは苦手な方多いと思います。
トリルとか階段はノーツが左右に分かれているから比較的リズムが取りやすいです。
しかし縦連になると認識が難しく、リズムが崩れる事が多いです。
ここで大事になってくるのが…
力まないで脱力状態で叩くことです。
全く力を入れないで叩くという意味ではないですよ(わかってるわ)
縦連が入る譜面は全体のノーツ数も多い気がします。
単純に疲れて、いつもできるところでMISSをしてしまったり
後半スタミナ切れ(あなたの指の)でGREAT多発なんてことも
あります。
力を入れすぎずに叩いてみてくださいね。

認識難

ノーツの密度が高かったり、連打の中にフリックが埋まっていたりする、見えづらい譜面のことです。
初見プレイ(初めてプレイする時)ではMISSしやすい場面です。
これは個人的感想ですが『ワンダーランズ✕ショウタイム』という
ユニットの曲は認識難多発警報が発表されていると思います。
特にMASTER難易度26の「ワンスアポンアドリーム」は、一発やられましたね。
可愛い曲ですけど。

餡蜜(あんみつ)

同時押しでないノーツ(トリル、階段、乱打など)を
無理やり同時押しして繋げる
というテクニックです。
由来は、初めて意図的にこのテクニックを利用したのが「あんみつ」さんという
プレイヤーだったからです。
これ、意図的に利用しているなら問題ないのですが
無意識でこの方法を使っているなら注意が必要です。
当たり前ですが精度が落ちるのと、癖になりやすいからです。
(私も時々なっちまうんですけどね…笑)

まとめ

意識する2つのポイント
・ミスしやすい場面では運指を決める
・自分にあった視点でプレイする

音ゲー用語
・トリル
・階段
・乱打
・認識難
・餡蜜

いかがでしたか。
音ゲーは技量だけでなく、プレイ中のちょっとした意識の差で
ぐっと精度が上がり上達することができますよ。
できなかった譜面ができるようになったときの嬉しさは計り知れないものですよね。

音ゲー用語に関しては、知らなくてもどうにかなりますが()
知っていて損はないので、この機会に覚えてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
以上、むぎもこでした。(=^・^=)

コメント

タイトルとURLをコピーしました